トップ / 暮らしと税金対策について

暮らしと税金対策について

暮らしとふるさと納税

暮らしの中での税金対策

美味しく食べながら、暮らしの中での税金対策と言えば、今話題のふるさと納税です。米や海産物、農産物や特産品を選んでなお且つ減税に繋がります。本来は、地域振興とか福祉などの方針やに使い道に賛同した人はふるさと納税してくださいというものでずか、今やそのお返しが目当てでどれを食べたいかが先になって盛りあがっています。人気のある町は、年明け早々に予定数を越えてしまう所もあります。やはり暮らしの必需品の牛肉や米が人気です。注意したいことは、それぞれの年収によって節税効果の上限があることです。ご自分の納税以上には還付されませんから良く調べてから申し込みください。

税金についてもっと知ろう

私たちの暮らしの中で、生活費に占める税金の割合は案外大きいことに気付く。働いて得た収入からは所得税が引かれ、住んでいる所からは県民税と市民税が引かれ、家を建てれば固定資産税を払わなくてはいけない。死んだ後でさえ相続税というものがかかってくる場合がある。実に暮らしのいろんな場面で、納めているものだと感心する。しかし、立ち止まって税金について考えたことがある人はそう多くないのではなかろうか。なぜ納めなくてはいけないのか。納める意義はどこにあるのか。納めなければどうなるのか。もっともっと知ることができれば、滞納者は減ることにはなっても増えることはないであろう。

↑PAGE TOP