トップ / 葬儀に対する考え方とは

葬儀に対する考え方とは

地域で異なる葬儀

葬儀の供物と供花について

葬儀の時に祭壇のまわりに亡くなった人の霊を慰めるためにお供えする品物やお花が供物と供花です。亡き人のためにお供えしたいと思った時に気をつけなければいけないのが、宗教や地域のしきたりです。仏教の場合では果物や缶詰、線香やろうそくなどの品物で、お花は白菊や胡蝶蘭や故人の好きな花などを備えることができます。神式は魚などの海産物や果物、五穀といったものを供え、お花に関しては白や黄色のものを用意します。キリスト教では品物はなしで、白い花だけといったように宗派によって葬儀の供える物が変わってきます。

↑PAGE TOP